社員の声|Voice

staff_1
部署:第一システム開発部
入社日:2006年
この仕事を選んだ理由
学生の頃からプログラムが好きだったという事が大きな理由です。ただ、人と会話することが苦手だったこともあり、人と向かい合うよりも黙々とパソコンと向かい合うような仕事をしたい!という事もそれと同じぐらい大きな理由でした。
当時の私は、良くも悪くもプログラマに対してそういうイメージを持っていました。(プログラマの先輩方には大変失礼ではありますが)システム開発において、プログラムコードを書く時間よりも、お客様、開発メンバと会話する時間が大部分を占めるということを知ったのは入社した後のことでした…。
現在の仕事とやりがい
入社9年目ということもあり、最近はプロジェクトリーダーを任せてもらえるようになりました。
どうすれば認識の齟齬がおきないようにできるか、どうすれば円滑に情報共有が行えるか、どうすれば開発メンバのモチベーションを維持できるか等々、悩みながら試行錯誤を重ねています。
それもあってか、人と会話することが苦手だと思っていた私も、以前よりは会話できるようになった気がします。試行錯誤を重ねながら、紙に印刷された字と図でしかなかった抽象的なものがシステムとして完成したときはやりがいを感じます。
応募を検討している学生さんへ一言
蒸気自動車が発明されたのが1769年、飛行機の有人飛行が1903年、世界最初のノイマン型コンピュータの開発は1949年です。
IT業界は他の業界と比べるとまだ歴史が浅く、新しい概念、技術が次から次へと登場する成長期にあると感じています。そのため、新しい概念や技術を常に習得し続けることができる向上心が必要だと思います。
Voiceトップへ